撤退ブローカー生き残りブローカー
集中力が必要できつい時もあり
sdf7FX取引では通貨ペアを選んで新規注文を出し、思惑通りに相場が動いたら決済注文を出す、場合によっては利益確定注文を出します。思惑通りに相場が動かなかったら損切注文を出します。トレーダーによってルールを予め決めておき、そのルールを厳格に守ることが多いです。

取引期間によってスキャルピング、デイトレード、スイングトレードと大まかに分けて3つの手法があります。スキャルピングでは超短時間で一日に何回も取引を繰り返します。1分足といった時間足が短いチャートを使って取引することが多いです。新規注文から決済注文までが短時間なため、一度の取引での利益が少ないので取引回数を多くして、少ない利益を積み上げていきます。

損切するタイミングも早いのでリスクもある程度限定されています。しかしスプレッドという買値と売値の差があるために、小動きの相場に弱い弱点があります。取引を繰り返すとスプレッドで取引コストがかさんでしまい、得られた利益が相殺されてしまうからです。

一日に頻繁に取引を繰り返すには集中力が必要で、身体的や精神的にかなりきついことがあります。デイトレードでは新規注文から決済注文まで持ち越しせずに一日で完結する取引を行います。スキャルピングよりも取引回数が少ないので忙しい思いをすることはありません。

トレーダーによって10分足や15分足などスキャルピングより長い時間足を使うことが多いです。スキャルピングもデイトレードもいわゆる専業デイトレーダーでないと行えませんが、スイングトレードなら2日から10日ほど持ち越すので仕事を持っている方でも取引することが出来ます。

日足といったデイトレードよりも長い時間足を使うことが多いです。高金利通貨を買って持ち越しすることでスワップポイントも受け取れます。チャートはFX会社に口座を開設すると取引ツールに装備されているのでそれを利用します。時間足もたくさん用意されており、トレーダーが得意な手法にあわせて選ぶことが出来ます。

スキャルピング、デイトレード、スイングトレードとも、移動平均線や一目均衡表、ボリンジャーバンドなどトレンド相場に強いトレント系テクニカル指標や、RSIやMACD、ストキャスティクスなどレンジ相場に強いオシレーター系テクニカル指標などを使って、過去の為替の値動きを検証し未来の為替の値動きを予測して取引することが多いです。テクニカル指標もFX会社で提供する取引ツールに装備されており、チャートと一緒に表示させることが出来ます。FX会社によって取引ツールがまちまちなので、使いやすい取引ツールを提供しているところに口座開設されると良いでしょう。



投資のチャンス



リーマンショックのような想定外の金融危機により、会社の経営状態が悪くなっていないにも関わらず、外部要因によっていっせいに株価が大きく下落してしまうことがあります。このようなときこそ投資の大きなチャンスだと思います。

購入するタイミングを狙っていた株式を思い切って購入すれば、大体安値で株式を購入できます。しかし、そのようなときはもっと株価が下がるのではないかという恐怖感に駆られて、あまり多くの株式を購入できません。


sfd8