撤退ブローカー生き残りブローカー
集中力が必要できつい時もあり
sdf7FX取引では通貨ペアを選んで新規注文を出し、思惑通りに相場が動いたら決済注文を出す、場合によっては利益確定注文を出します。思惑通りに相場が動かなかったら損切注文を出します。トレーダーによってルールを予め決めておき、そのルールを厳格に守ることが多いです。

取引期間によってスキャルピング、デイトレード、スイングトレードと大まかに分けて3つの手法があります。スキャルピングでは超短時間で一日に何回も取引を繰り返します。1分足といった時間足が短いチャートを使って取引することが多いです。新規注文から決済注文までが短時間なため、一度の取引での利益が少ないので取引回数を多くして、少ない利益を積み上げていきます。

損切するタイミングも早いのでリスクもある程度限定されています。しかしスプレッドという買値と売値の差があるために、小動きの相場に弱い弱点があります。取引を繰り返すとスプレッドで取引コストがかさんでしまい、得られた利益が相殺されてしまうからです。

一日に頻繁に取引を繰り返すには集中力が必要で、身体的や精神的にかなりきついことがあります。デイトレードでは新規注文から決済注文まで持ち越しせずに一日で完結する取引を行います。スキャルピングよりも取引回数が少ないので忙しい思いをすることはありません。

トレーダーによって10分足や15分足などスキャルピングより長い時間足を使うことが多いです。スキャルピングもデイトレードもいわゆる専業デイトレーダーでないと行えませんが、スイングトレードなら2日から10日ほど持ち越すので仕事を持っている方でも取引することが出来ます。

日足といったデイトレードよりも長い時間足を使うことが多いです。高金利通貨を買って持ち越しすることでスワップポイントも受け取れます。チャートはFX会社に口座を開設すると取引ツールに装備されているのでそれを利用します。時間足もたくさん用意されており、トレーダーが得意な手法にあわせて選ぶことが出来ます。

スキャルピング、デイトレード、スイングトレードとも、移動平均線や一目均衡表、ボリンジャーバンドなどトレンド相場に強いトレント系テクニカル指標や、RSIやMACD、ストキャスティクスなどレンジ相場に強いオシレーター系テクニカル指標などを使って、過去の為替の値動きを検証し未来の為替の値動きを予測して取引することが多いです。テクニカル指標もFX会社で提供する取引ツールに装備されており、チャートと一緒に表示させることが出来ます。FX会社によって取引ツールがまちまちなので、使いやすい取引ツールを提供しているところに口座開設されると良いでしょう。

在宅ワーク

数年ほど前から、在宅ワークをする人がどんどん増えてきています。在宅ワークは、主婦が気軽にできる副業として人気になっています。また、男性でも在宅ワーク一本にしぼり、フリーランスで活躍している人が多くなってきています。そんな注目の在宅ワークにはメリットとデメリットがありますので、改めて確認をしていきます。

 まず在宅ワークのメリットですが、1日の中で仕事の時間を自分で好きに決められる点が大きなメリットです。会社勤めをしていれば、始業時間や終業時間、あるいは休憩時間も厳密に決められています。最近ではどこも1分単位でチェックされている場合が多く、仕事をする時間は徹底管理されています。それは当然といえば当然ですが、働く側にとってあまり心地良いものではありません。しかし、在宅ワークはそうではないです。仕事をせずに遊んでいれば収入になりませんので、仕事の時間はきちんと確保しなければいけません。

しかし、どの時間で仕事をするかは、自由に決めることができます。朝型の人は早朝から午前中にかけて仕事をして午後や夜は休んでも良いですし、ゆっくりと起床して昼過ぎから夜にかけて仕事をしても良いのです。つまり、在宅ワークはライフスタイルに合わせた働き方が可能です。これは家事や子育てをしなければいけない専業主婦には特に大きなメリットで、1日の中で時間を上手く使って仕事ができます。また、同じように休日を自分で決められるのもメリットです。仕事への熱が高まっているときは1週間連続で働いても良いですし、旅行などで休みたいときは連休にすることもできます。もちろん抱えている仕事の納期や収入状況などで間接的に制限されることはありますが、基本的に休日の取り方は自由です。

 こうして仕事に関するあらゆる項目を自分で決められるのが、在宅ワークの大きなメリットです。ですので、会社勤めをしていて待遇や考え方に大きな不満がある人は、在宅ワークに向いているのかもしれません。ただ、デメリットがないわけではありません。それは仕事量が確定していない点です。有能な仕事のスキルをいくつも有していてどんな仕事でもこなせる人なら仕事には困らないのかもしれませんが、そうでない人にとってはできる仕事が限られてきます。

また、在宅ワークをする人が増えれば、ひとつの仕事に対して奪い合いになってしまいます。その結果仕事を満足にできず、低収入で苦しむ人も少なくありません。それは在宅ワークをする人が常に抱える課題です。在宅ワークには、メリットとデメリットがそれぞれあります。ですので、両方を踏まえたうえで、在宅ワークに取り組むかどうかを決めるべきです。




投資のチャンス



リーマンショックのような想定外の金融危機により、会社の経営状態が悪くなっていないにも関わらず、外部要因によっていっせいに株価が大きく下落してしまうことがあります。このようなときこそ投資の大きなチャンスだと思います。

購入するタイミングを狙っていた株式を思い切って購入すれば、大体安値で株式を購入できます。しかし、そのようなときはもっと株価が下がるのではないかという恐怖感に駆られて、あまり多くの株式を購入できません。


sfd8