撤退ブローカー生き残りブローカー
バイナリーオプションと「ファンダメンタル分析」
バイナリーオプションは、投資取引の初心者を中心にして近年人気を集めている金融商品になります。
人気の理由には、一回の投資にかかる金額が少なくても大丈夫なところや、ネット環境があればスマートフォンやモバイル端末などからでも気軽に取引きが行えるところなどもあげられますが、やはりなんと言っても、そのシンプルで分かりやすい取引ルールにあると思われます。

バイナリーオプションでは様々なものが銘柄になります。
一番多くみられるものは通貨になりますが、それ以外にも有名企業株や株価指数、金、原油、鉱石、農作物なども銘柄になり、その相場を利用して取引きをしていきます。
この取引きの内容の本質は「ある物の売買予約の権利を買い、その権利の期間満了時に、その売買予約の値よりも利益がでていたら権利を施行して利益を得て、利益が出ていなければその権利を放棄する」という形になっています。
これがバイナリーオプションでは「ある物の価値が、一定の期間後に、予め定められた条件を達成するかしないか」というものに変わり、国内のバイナリーオプションで最もポピュラーな取引ルールは、例えば「今の1ドル110円の相場は、2時間後に1ドル120円よりも上になっているか、下になっているか」を二者択一で予測するというものになっています。

こうした取引きを予測するためには、外国為替市場の為替相場の値動きを予測していく必要があります。
この為替相場のレート変動は、実に様々な要因によって変動しています。
通貨にはそれを発行している国や地域があるため、まずその経済状況や国政の動向などが影響をしていきます。
例えば、経済指標などの発表で失業率が高いという情報が出てくれば、消費が冷え込んでいて企業も労働者を雇うことができない状態になりつつある、という事を読み取ることができ、これに対するテコ入れをその国の政府がどこで行ってくるのかという推測から、通貨の変動が近いのではないかという予測が立つのです。

また、こうしたその国の内政だけでなく近隣諸国のとの関係性も重要で、例えば輸出にその経済の柱がある国では、その輸出先の相手国の景気が悪くなれば輸出量が減って経済が落ち込むという事も考えられますし、地域紛争やテロなどが起これば、それに伴う経済危機を懸念して、安全度の高い信頼性のある通貨へ資産を逃がしておくために、そうした通貨が買われたりするのです。

このような事を鑑みて為替市場の動向を予測していく分析手法を「ファンダメンタル分析」と呼んでいるのですが、このファンダメンタル分析で重要な事は情報の量と鮮度になります。
分析の精度を上げるためには、多角的な推察が必要になるために情報の量があった方が有利になりますし、せっかく集めた情報も鮮度が悪く例えばすでに終わった情報などを掴んだとしても役には立ちません。

ですので、バイナリーオプションで予測を立てるためには、経済や世界に関わる情報を集めてつぶさに読み解いていくことが必要なのですが、情報を入手するためにはいろいろなルートがあり、この中でも一番簡単で無料で得ることができる情報元としては、テレビの経済番組などは非常に効果的ですし、また経済新聞なども読み解いていくことで実にいろいろな状況を把握することができます。

これ以外にも、現在はインターネットの環境が整っていますので、色々な投資家たちの投資の体験のブログなどは、実際の取引手法も交えた情報が掛かれていたりすることもあるために参考になりますし、経済産業省や日本貿易振興機構などのデータベースなどもファンダメンタル分析にはとても役に立ちます。

また、信頼のおける鮮度の高い情報としては、バイナリーオプションの取引き業者などでも、顧客に向けて投資に関わる情報を精査して配信していますので、こうした物を取り入れていくのも良いでしょう。




投資のチャンス



リーマンショックのような想定外の金融危機により、会社の経営状態が悪くなっていないにも関わらず、外部要因によっていっせいに株価が大きく下落してしまうことがあります。このようなときこそ投資の大きなチャンスだと思います。

購入するタイミングを狙っていた株式を思い切って購入すれば、大体安値で株式を購入できます。しかし、そのようなときはもっと株価が下がるのではないかという恐怖感に駆られて、あまり多くの株式を購入できません。


sfd8