撤退ブローカー生き残りブローカー
HighLowAustraliaのスプレッドハイロー
sdf744ハイローオーストラリアは海外のバイナリー取引専門業者なのですが、皆さんご存知のネッテラーが利用できることで大きな信頼を頂いております。

また、他社で取扱いの少ないペイアウト率2倍のスプレッドハイロー取引を提供していることも特徴のひとつです。

法改正前から国内業者をご利用になっている玄人の方々であれば、スプレッドというキーワードに聞き覚えがあるかと思いますが、スプレッドハイローとはレンジ外が設けられているハイ&ロー取引です。

最近バイナリー取引を始められた方、法改正前の国内業者をあまりご存知ない方はあまりピンとこないかもしれませんが、まずスプレッドとは「レンジ外」という意味です。つまり、スプレッドハイローの場合はもしもhigh or lowの予想が当たったとしても、スプレッド(レンジ外)中であれば業者側に没収されてしまい、配当を得られないというルールなのです。

ではどうすれば利益を得られるのか?答えは「スプレッド以上のハイ、もしくはスプレッド以下のローを当てる」ということになりますよね。

皆さんがスプレッドハイローに挑戦する最大の魅力はもちろん「ペイアウト2倍」という高倍率ですが、タイミングを読まなければこの魅力も発揮されません。値動きの少ない状態であれば業者側に没収されてしまう確率が非常に高くなるので、ひやひや感がおもしろい!などという個人的感想はさておき、損をしやすい取引といえるのではないでしょうか。しかし予想がたてやすい状況であれば外す確率は大幅に下がり、確実に利益を生み出せる取引も可能でしょう。

~有利な取引方法はあるの?~

値動きの少ない状況であれば業者に有利・・・つまりは値動きの大きいときであれば利益が得やすいのでしょうか?残念ながらそうとも限らないのです。当然ですが、この方法なら業者が儲かる。この方法ならユーザーが儲かる。という確実性の高い取引方法がそんなに簡単に確立されることはありません。業者側も商売ですから、基本的にはユーザー側のほうが大幅に儲かるということはなかなかありません。良くて引き分け・・そういう心構えで取引に望んで頂いたほうがよろしいかと思います。

ハイローオーストラリアでは常に0.1~0.8pipsのスプレッド変動が行なわれていますが、実は値動きの幅が大きいときには、自動的に業者側の利益率が高くなるように設定されているのです。このように、ある程度のからくりは存在しますので把握しておくと便利です。

以前、大手GMOクリック証券では0.3pipsで固定されていましたが、比べてみるとこの差はなかなか大きいことがわかるかと思います。つまり、法改正前の感覚で取引をしてしまうと、気付いたときには大きな損失を出してしまうことも想定されるのです。ということは・・・ペイアウト率2倍という言葉に食いつくよりも、王道のhigh&lowや短期取引を行なっていくほうが、結果的に利益のあげられる可能性は高いと言えるかもしれません。



投資のチャンス



リーマンショックのような想定外の金融危機により、会社の経営状態が悪くなっていないにも関わらず、外部要因によっていっせいに株価が大きく下落してしまうことがあります。このようなときこそ投資の大きなチャンスだと思います。

購入するタイミングを狙っていた株式を思い切って購入すれば、大体安値で株式を購入できます。しかし、そのようなときはもっと株価が下がるのではないかという恐怖感に駆られて、あまり多くの株式を購入できません。


sfd8